スポンサードリンク

【youtube】サギ師の品格 仮面ライダー電王 第6話

仮面ライダー電王 第6話サギ師の品格
脚本/小林靖子 監督/坂本太郎

出会ったそばから、ウラタロスと角突き合わせたモモタロスだったが、その身の上を聞いて鬼の目に涙となった。
千の偽り・万の嘘。ウラタロスの言葉に、一片でも真実は含まれているのか?

チケットなしでデンライナーに乗車する彼に、オーナーは下車を促す――良太郎にゆだねられる選択。ウラタロスを時のはざまに追放するのか。それとも信用ゼロの彼を受け入れるのか。
ウラタロスはもう一つの選択をする。サギ師としての誇りにかけて……。

(東映公式より)

▼プロローグ



▼PART1



▼PART2



▼予告

【youtube】僕に釣られてみる? 仮面ライダー電王 第5話

仮面ライダー電王 第5話僕に釣られてみる?
脚本/小林靖子 監督/坂本太郎

サッカー少年・大輝ともども、入院の憂き目にあった良太郎。
でも……なんだか良太郎の様子が違う?!

「千の偽り、万の嘘。それでもいいなら――僕に釣られてみる?」

すでに第2のイマジンに憑りつかれつつある良太郎。いったいどこまで不運なのか。
良太郎の体をめぐり、先住権を主張するモモタロスとの間でバトルが始まる。
そうするうち、別のイマジンが大輝と契約。その契約とは?


(東映公式より)

▼プロローグ





▼PART1





▼PART2





▼予告

【youtube】鬼は外!僕はマジ 仮面ライダー電王 第4話

仮面ライダー電王 第4話鬼は外! 僕はマジ
脚本/小林靖子 監督/長石多可男

「ドロボーじゃねえ! 用心棒だ!」
とか言っても、結局はドロボーの手助けをしているモモタロス(赤鬼イマジン)。
さすがの良太郎も許せず、モモタロスと縁を切ろうとする。

カメレオンイマジンは、「死ぬほどの金がほしい」という山越の望みを、着々とかなえていく。
またしても過去にジャンプするイマジン。だが、モモタロスの力を借りずに戦う決意を固めた良太郎は……。そんな良太郎を、なすすべもなく見つめるモモタロスは……。

(東映公式より)

▼プロローグ





▼PART1





▼PART2





▼予告

【youtube】アウトロー・モモタロー 仮面ライダー電王 第3話

仮面ライダー電王 第03話「アウトロー・モモタロー
脚本/小林靖子 監督/長石多可男

電王として戦う決意を固めた良太郎だったが、慣れない戦いに疲労困憊。
そんな彼が倒れたスキに、モモタロス(桃太郎型イマジン)が憑りついては、勝手に体を使う。今日も今日とて、良太郎の体を借りてケンカざんまい。

山越佑。売れないミュージシャン。借金を重ねたあげく、盗みにまで手を染めてるヤバイ男……。
そんな山越に、「面白え!」と手を貸してしまったことから、良太郎+モモタロスが裏の世界に?!


(東映公式より)

▼プロローグ





▼PART1





▼PART2





▼次回予告

【youtube】ライド・オン・タイム 仮面ライダー電王 第2話

仮面ライダー電王 第02話「ライド・オン・タイム
脚本/小林靖子 監督/田崎竜太

変身し、“電王”となった良太郎。
だが、彼に憑りついたイマジン=精神エネルギー体の助けがなければ、勝利はおぼつかなかった。彼らは未来からの侵略者。良太郎の心のイメージを借りて、『桃太郎』の赤鬼の姿となったイマジン。何を考えているのか。それとも何も考えていないのか? そして、その正体は……。

一方、テツオに憑りついてコウモリの姿を借りたイマジンは、テツオとの契約を進める。彼が「返せ!」とこだわっているキーホルダーとは? 契約が満了したとき、いったい何が起こるのか?

デンライナーに乗った良太郎の、時を超える旅が始まる!

(東映公式より)

▼PART1



▼PART2



▼PART3



▼PART4

【youtube】俺、参上 仮面ライダー電王 第1話

仮面ライダー電王 第01話「俺、参上!
脚本/小林靖子 監督/田崎竜太

野上良太郎、18歳。
どこにでもいる平凡な少年――いや、ただひとつ非凡なところがあった。とにかく運がない。彼は生まれ落ちてこのかた、幸運というものに出会ったことがなかった。
ある日、彼は出会ってしまう。未来からの侵略者イマジンと……そして、時空を超える列車・デンライナーと。

人類の運命は、世界で最も運のない少年の手に握られた。
それは、彼にとって人生最大の不幸か、それとも幸運か?
いま、始まるのは時空を超えた旅――。

(東映公式より)

▼PART1



▼PART2



▼PART3



▼PART4


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。